写真のデータを部屋に飾るか1冊のアルバムにしたほうが良い理由


最近お客様から「撮ってもらった写真をこんな風に飾りました!」という嬉しいメッセージがきます。写真は印刷して飾ったりアルバムにすることでより価値のあるものになると僕は思います。
例えばアルバムはさっと手に取ることができ、臨場感を感じながら物語のように読むことができます。プリントしてフォトフレームに入れて飾るとふとした時にその写真が目に入ってきてくすっと笑えたり、癒されたり、嬉しくなったり、その時の感情を思い出したりできます。
データのまま保管されている方は見なくなっていつのまにか忘れてしまった、なんてことも多いのではと思います。
スマホでも大量に保存されているデータ、1年に1度整理してぜひブックなどにしてみてください!
photo data
photo data
関西 フリーランス 個人カメラマン(フォトグラファー)
小藪 聡(こやぶ さとし)
koyabu satoshi